2013年 05月 21日
ヴーヴ・エレオノール、東京
何故かシャンパンメーカーの名称には『ヴーヴ(未亡人)』と付くものが多い。
理由はともかく、このヴーヴ・エレオノールもそうである。

オジェのグラン・クリュ(特級畑)で、リュット・レゾネ(減農薬栽培)によるシャルドネを100%使用したブラン・ド・ブランだ。
クリスピーな泡は持続性があり、グレープ・フルーツのような苦みがやや強いものの、シャルドネ特有の林檎と蜂蜜の味わいと、そこに酸やミネラルが加わって、心地良い余韻へとつながっていく。
これは美味しい。

e0139738_131405.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2013-05-21 14:48 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/20526571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 橋の袂の建築現場、チャウドック      朝のアオザイ女子高生、チャウドック >>