2013年 06月 28日
朝の商売、チャウドック
昨夜、部屋でシャワーを浴びていたら、床の水が溢れそうになった。
シャワー室の床が排水口に向かって傾斜していないため、水が流れず溜まってしまったのだ。
いくら新築の奇麗な部屋でも、トイレへ行く度に足を拭いていたのでは不便で仕方ない。
おまけに、エレベーターには百匹以上の蚊が入り込んでいて、乗れば確実に餌食になる。
「ああ、また今日も宿探しか。」
そう思ったら、朝から少し憂鬱になった。

e0139738_114564.jpg

気を取り直し外に出ると、市場の近くにモツ粥の屋台を発見。
粥そのものは旨くも不味くもなかったが、胃袋が満たされたことで少し元気になる。
そのまま、交差点の角のホテルで当たってみたところ、意外にも空き部屋があると言う。
早速、部屋を見せてもらうと、奇麗で明るく雰囲気も良かった。
唯一不満を挙げるとすれば、部屋が少し狭いところだろうか。
日の当たるベランダといい、市場の前というロケーションといい、まさにうってつけのホテルである。
ところが、喜びもつかの間、空いているのは今夜だけだと言う。
仕方なく角のホテルは諦め、またとぼとぼと歩き出す。
すると、今度は歩道に野鳥が並んでいるのを発見。
ほとんどが水辺に棲息するサギやシギの類いで、中には大型のゴイサギもいる。
並べ方からして、恐らく食用であろう。
まだ生きてはいるものの、半ば諦めてしまったのか、ほとんどの鳥が目を瞑っていた。

e0139738_1141791.jpg

ちょっとした衝撃を受けながらも、また歩き出すと、次は造花を売る店に突き当たる。
そこはまるで生花店のような佇まいで、規模もそれなりにあって、何より繁盛しているように見えた。
「それにしても何故だろう?」
そもそもべトナムという国は、美しい南国の花で溢れている。
それなのに、わざわざ造花を買う必要があるのだろうか?
僕は以前から、そのことが不思議で仕方なかった。

e0139738_1142919.jpg

RICOH GXR GR LENS A12 28mm F2.5
[PR]

by artisfoto | 2013-06-28 15:07 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/20721798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2013-07-04 12:27 x
確かに何で造花なんでしょう?
造花は枯れないので、結果的に安いからですかね。
Commented by artisfoto at 2013-07-04 21:25
まあ、恐らくそんなところでしょうね。
造花でも何でも飾った方が良いという考えなのでしょう。


<< 精進料理とバゲットと市場の光景...      蓮華葉、東京 >>