2013年 07月 10日
ラム酒の夏、東京
暑い日の夕暮れ。
こんな時はビールもいいが、モヒートもいい。

作り方は簡単そのもの。
グラスにミントの葉、ライム、砂糖、ホワイトラムと氷を入れ、炭酸水で割れば出来上がり。

ちなみに、オリジナルレシピはバカルディだが、ハバナ旧市街のラ・ボデギータ・デル・メディオでは、キューバ産のハバナクラブが使われていた。
癖が無くさっぱりとしているのがバカルディ。
ハバナクラブはラム酒らしい甘い風味が魅力的。

e0139738_17304328.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2013-07-10 17:55 | 日本 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/20779284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2013-07-11 18:15 x
しかし毎日暑いですね。
バリ島より東京のほうが暑いのでは?
キューバの飲み物も日本の夏には合いそうですね。
Commented by artisfoto at 2013-07-12 09:11
モヒートとかピニャコラーダとか、ラム酒ベースのカクテルはビーチリゾートにぴったりですよね。


<< ネギソバと氷川丸とミズクラゲ、横浜      グラモナ・グランレセルヴァ・I... >>