2013年 11月 22日
小旅行2、台南
安平に到着して、まず向かったのが德記洋行だ。
德記洋行とは英国人の貿易会社だった建物で、当時、英国人の会社はこれ以外に怡記洋行と和記洋行があり、さらにドイツ人の東興洋行と米国人の唻記洋行を加えて、安平五大洋行と呼ばれていた。

e0139738_17303824.jpg

德記洋行の奥には、安平樹屋と呼ばれる建物がある。
もとは倉庫だったものだが、長らく放置されていたため、全体がガジュマルの樹に覆われ、建物が崩壊してしまったのだという。
アンコール・トムのタ・プローム遺跡と同じ結末である。

e0139738_17311256.jpg

裏の展望台へ行ってみると、柵の向こう側には、河の景色とマングローブ林が広がっていた。

e0139738_17313684.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2013-11-22 21:04 | 台湾 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/21362813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2013-11-25 14:22 x
台南はベトナムより、少し寒そうな気がしますが、ここのガジュマルも巨大ですね。
Commented by artisfoto at 2013-11-27 18:07
台南は亜熱帯なので、とても暖かいんですよ。


<< 小旅行3、台南      2013ボジョレー・ヌーヴォー、東京 >>