2014年 07月 09日
天使と老人、ハバナ
革命博物館、カピトリオ、ガルシアロルカ劇場といったハバナを代表する建築群は、残念ながら修復中で絵にならなかった。
仕方なく、ビエハ広場やオビスポ通りなどを歩いてみるが、今度は観光客ばかりで面白くない。
とりあえず、ホテルに戻って仕切り直しをする。

写真はガルシアロルカ劇場。

e0139738_9581830.jpg

午後、華人街のレストランへ行ってみると、珍しく日本の学生が居た。
聞けば、卒業式があるので、キューバに滞在出来るのは4日間だけだと言う。
そのためか、とても好奇心が旺盛で、レストランを出た後も、甘いものからサンドウィッチまで、あらゆるものを食べ尽くそうとしていた。

写真はサンドウィッチ屋の主人。

e0139738_9582556.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2014-07-09 13:30 | キューバ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/22185348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 橋上のアオザイ女子高生、フエ      天姥寺にて、フエ >>