2014年 07月 25日
若いカップルと古いビル、ハバナ
学生たちと別れ、ハバナの街をひとりで歩き始める。
しばらくして、目の前の景色がこれまでとは全く違っていることに気付いた。
おそらく同胞と話をしたことで、強ばっていた心が解きほぐされたのであろう。

e0139738_9572314.jpg

そのせいか、急に足取りが軽やかになる。
すると突然、セニョーラから「(カメラを)ひったくられないように気をつけて!」と注意された。
キューバは治安の良い国だが、観光客の居ない場所を歩くときは要注意である。

e0139738_9573118.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2014-07-25 10:59 | キューバ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/22231254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2014-07-28 15:24 x
やっぱり引ったくり、置き引きなんかも、けっこうある場所なんですか?
Commented by artisfoto at 2014-07-29 10:31
観光客の多い場所には、常時警察官が立っているので、そのようなことはまず無いと思いますが、そうでない場所を歩くときは、注意した方が良いでしょうね。キューバは治安の良い国ですが、ハバナやサンティアゴといった都市では、年々治安の悪化が懸念されています。


<< 朝のバスターミナル、コタバル      祭りの少女、ヴィエンチャン >>