2014年 11月 27日
定宿の眺めとチャナン、バリ島
定宿へ行ってみると、新築の二階の部屋が空いていると言う。
設備に関してはやや不便なところもあるが、とにかくこれまでの平屋の古い部屋とは大違いだった。
何より清潔だし、テラスの眺めも良い。
あとは値段交渉だが、宿代の高騰著しいウブドで、まさか3年前の値段で泊まらせてくれとは、さすがに言えないだろう。
そこで、主人のライが帰って来るのを見計らって、とりあえず10連泊を条件に交渉を始めることにする。
ところが、ライは話をはぐらかすばかりで、一向に交渉が進まない。
結局、交渉を始めてから二時間後、宿代が決まった頃にはすっかり日が暮れていた。

e0139738_1123839.jpg

翌朝、目を覚ますと雨が降っていた。
聞けば、このところほぼ毎朝降っていると言う。
その雨も9時になると上がり、やがてテラスに日が差してくる。
僕にとって、朝に降る雨は恵みの雨だったのだ。

e0139738_1125080.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2014-11-27 14:47 | インドネシア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/22603612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2014-11-27 19:14 x
料金交渉、時間かかりましたね~。
Commented by artisfoto at 2014-11-27 20:27
いや〜、粘った甲斐がありました。(笑)


<< バビグリンと王宮、バリ島      雨上がりの朝、バリ島 >>