2015年 01月 28日
ナシアヤム、バリ島
好きなものを好きな時に好きなだけ食べられるのが、一人旅の良いところ。
食欲旺盛だった頃の僕は、そう信じて疑わなかった。
しかし、食事の時に相手が居ると居ないとでは、ガラッと印象が変わってしまう。
もちろん、真剣に味わうという意味では、一人の方が集中出来るのかも知れないが、食事中に会話をしたり、お酒を飲むといった行為そのものが、食べ物を味わう上でとても重要なのだと、ようやく最近になって気付いたのだ。

e0139738_1332561.jpg

さて、今回食べたのは、ご飯の上に鶏のおかずを乗せたナシアヤム(鶏飯)である。
場所はクデワタンのマランティン寺院向かいにあるナシアヤム専門のワルン(食堂)だ。
ワルンと言っても、レストラン並みの立派な店構えで、繁盛のほどがうかがえる。
見渡したところ、店内に観光客の姿は無く、座っているのは地元のカップルや家族連れ、あるいは現地観光ガイドや運転手といったところだ。
気がつけば、僕はこの店で唯一の観光客、そして唯一の一人飯になっていた。

e0139738_13305149.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2015-01-28 15:56 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/22762970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ナシゴレンとテボトル、バリ島      儀式の後で、バリ島 >>