2015年 10月 23日
教会の少年、カルタヘナ
タクシーの窓から閑散とした街を眺めていると、運転手が「今日は聖心の祝日だよ」と教えてくれた。
コロンビアのカルタヘナ旧市街は、『カルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群』として1984年にユネスコの世界遺産に登録されている。1579年に建てられたサント・ドミンゴ教会もそのひとつで、立派なバロック式の祭壇には、20世紀中頃に彫刻された『キリストと聖母の木製像』と『黄金とエメラルドの冠』が安置されており、修道院は現在神学校になっているという。
結局、この日の礼拝は11時過ぎに行われ、母親に抱きかかえられた少年が、退屈そうに外を見つめていた。

e0139738_1344489.jpg

Canon EOS 5D Mark III EF24-70mm F2.8L II USM
[PR]

by artisfoto | 2015-10-23 14:57 | コロンビア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/23800540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 朧月、東京      父と娘、サンディエゴ >>