2016年 02月 12日
赤嵌楼、台南
台湾で最も有名な旧跡のひとつに『赤嵌楼(せきかんろう)』というのがある。
その昔、台湾全土の最高行政機関が置かれていた場所で、当時『東都承天府』と呼ばれていた建物だ。
日本統治時代に行政の中心が台北に移されるまで、台南は、政治、経済、文化の中心地だった。
そのため、市内には多くの旧跡が残っており、別名「台湾の京都」とも呼ばれている。

e0139738_17224619.jpg

Tainan, Taiwan 2013

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-02-12 17:42 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/24131904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 安平港、台南      ブーゲンビリアのカーテン、台南 >>