2008年 03月 20日
フランスの香り、ホーチミン市
サイゴンには旧インドシナ時代の、いわゆるフランス風の建物が数多く残っている。

ドンコイ通りの『ブロダール・カフェ』もそのひとつ。

残念ながら現在は米国の大手コーヒーチェーン『グロリア・ジーンズ』に替わってしまったが、建物はそんな時代の移りゆく様をずっと見続けて来たに違いない。

e0139738_0184293.jpg

Canon EOS 5D EF28-70mm F2.8L USM
1/60 sec. F 8.0 ISO 100
[PR]

by artisfoto | 2008-03-20 00:27 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/7555027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぐぅぴ at 2008-03-21 20:23 x
これはまた素敵な場所でございますこと!
フォト・エッセイですね。
物言うお写真です。
Commented by artisfoto at 2008-03-21 23:03
ぐぅぴさん、いらっしゃい!
今のところ風景や建物ばかりになってますが、今後はアジアの人々や子供たちの写真なんかもアップしていきますので、またちょくちょく覗いてみて下さいね。


<< 少女のまなざし、バリ島      台北大旅社、バンコク >>