2008年 05月 30日
銭塘江、浙江省杭州
旧暦の8月18日、杭州市の南を流れる銭塘江では『銭塘江の大逆流』という現象が起こる。
大逆流と言っても、水が逆流するのではなく、大きな波が川をどんどん遡って行くというもの。
これは、海に向かってラッパ状に広がる河口の形状や、潮の満ち引きなど、様々な複合的要因が重なって起こる自然現象で、ここ以外では南米アマゾン川のポロロッカが世界的にも良く知られている。
毎年各地から大勢の観光客がこの現象を見に杭州を訪れているが、大逆流鑑賞は今に始まったことではなく、その歴史は何と南宋時代にまで遡ると言う。
南宋時代と言えば、当時の杭州市は臨安と呼ばれ、マルコポーロも滞在したことのある南宋の都だ。
当時大逆流は銭塘江沿いに甚大な被害をもたらし、それを鎮めるため月輪山に六和塔が建てられたわけだが、その六和塔も今では『銭塘江の大逆流』を鑑賞する絶好の場所になっていた。

e0139738_2238923.jpg

六和塔より1937年完成の銭塘江大橋を望む。

Canon EOS 30D EF17-35mm F2.8L USM
1/125 sec. F 22 ISO 100
[PR]

by artisfoto | 2008-05-30 00:04 | 中国 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/8032802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 幼い母と子、スラバヤ      国境と少数山岳民族の町、ムアンシン >>