2008年 06月 19日
スワンナプーム国際空港、バンコク
これまでアジアを旅してきて、空港でシャッターを切ったことがあるのは、ほんの数回だけ。
それもすべて人がらみの風景だった。

シンメトリーな美しいフォルム。
光と影の見事な調和。

スワンナプーム国際空港は、現在、アジアで最もフォトジェニックな空港である。

e0139738_8401335.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/40 sec. F 6.3 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2008-06-19 09:05 | タイ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/8156366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2008-06-25 23:22 x
宇宙船の中のような建物ですね。マレーシアの空港も面白い作りで好きなんですが、こちらもいいですね。タイの建築家の設計でしょうか?
Commented by artisfoto at 2008-06-26 09:14
cumi-cumiさん、KLの空港は、先日亡くなられた黒川紀章氏の設計ですが、このスワンナプーム空港も、やはり外国人の設計で、ヘルムート・ヤーンというドイツ人建築家でした。
個人的には、写真のコンコースとチェックインカウンターのフロアが好きなのですが、テントがいくつも繋がったような外観もなかなか面白く、とくにライトアップされた夜景が素敵でした。


<< 猫を抱く少女、雲南省西双版納景洪      椰子の木の下で、ティオマン島 >>