2008年 08月 27日
南の島の凧揚げ大会、バリ島
ウブドで恒例の凧揚げ大会も、今年で27回目を迎えた。
この催しは、ウブド在住の染織研究家・紙漉き作家の鈴木靖峯氏が主催しているもので、今ではウブド郡の44の小学校から子供たちが参加しており、凧の数は500にも達するという盛況ぶり。
皆それぞれ自慢の凧を持ち込み、形と上がり方を競い合っていた。

e0139738_1229258.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/400 sec. F 8.0 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2008-08-27 12:57 | インドネシア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/8526281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2008-08-29 18:42 x
こんな催し物をやっていたなんて知りませんでした。毎年、今頃にやっているものなんですか?バリ島の凧も日本のように最近はビニール凧が多いですか?
Commented by artisfoto at 2008-08-29 23:21
cumi-cumiさん、この凧揚げ大会は、毎年8月第2週の日曜日に行われるそうですよ。風のある乾期は凧揚げに向いてますからね。
確かに、最近自作でもビニール製が多いですね〜。


<< 写真展「Peace Works...      中華隊加油!、台北 >>