2009年 03月 06日
三眼井、雲南省麗江古城
その井戸は、三眼井と呼ばれていた。
由来は、水飲み場、野菜の洗い場、洗濯場と、連続した三つの井戸が用途別に並んでいるからだった。

三眼井に辿り着いた時、そこにはまだ一人の女性しか居なかったのだが、そのうちに一人また一人と人が増えてくると、寂しかった井戸もだんだん賑やかになっていった。
「なるほど、これが本当の井戸端会議ってやつか。」
そう感心していたのも束の間、気が付けば話題の矛先はこちらに向けられていた。

「この娘美人だろう? でもダメだよ、結婚して旦那がいるんだから。」
私が突然の言葉に呆然としていると、その場に居たみんなが私を見て笑った。

確かにその娘は美人だったし、見とれていたのも事実だった。
だが、その時は、ただそんなふうにからかわられていることが、何だかとても心地良く、そして暖かく感じられたのである。

e0139738_12204630.jpg

CONTAX G2 Carl Zeiss Planar T* 35mm F2
Tri-X pan 400(TX)
[PR]

by artisfoto | 2009-03-06 13:13 | 中国 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/9771791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 駅のホームにて、ジャワ島 チルボン      サテ屋のおやじ、バリ島 >>