2009年 04月 02日
さくら、東京
今日も近所のさくらを観に行って来たが、このところの寒さが影響してか、思ったほど咲いてなくてガックリ。
とりあえず今回は花の部分を切り取ってみる。
カメラは最近お気に入りのパナソニックのLX3というコンデジだ。
このカメラ、高倍率ズームが主流の現在にあって、何と35ミリ換算で24〜60ミリと望遠域の無いレンズがセットされているところが気に入った。
恐らく、F2.0〜2.8と明るくしたため、このような設計になったのだろうが、個人的には十分な画角である。
また、従来の4:3や2:3といったアスペクト比に加え、静止画でハイビジョンサイズの16:9があるのも面白い。
写真は逆光の桜を16:9の60ミリマクロモードにて撮影。

e0139738_1804095.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/640 sec. F 4.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2009-04-02 18:31 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/9966120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 桜並木、東京      原宿の陰と陽、東京 >>