カテゴリ:日本( 356 )

2009年 04月 08日
桜並木、東京
なかなか咲いてくれなかった近所の桜も、今日の汗ばむような陽気でようやく満開になった。
時折吹く心地よい春風が、桜の香りを運んで来て、まさに春爛漫といったところである。
そんな花びらが舞う桜並木の下を、花粉症対策のマスクを付けた女性二人が通り過ぎていく。
かく言う私もとうとうマスクが欠かせない身となってしまった。
今年は重度の花粉症なのである。

e0139738_16251392.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/1000 sec. F 4.5 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2009-04-08 16:48 | 日本 | Trackback | Comments(2)
2009年 04月 02日
さくら、東京
今日も近所のさくらを観に行って来たが、このところの寒さが影響してか、思ったほど咲いてなくてガックリ。
とりあえず今回は花の部分を切り取ってみる。
カメラは最近お気に入りのパナソニックのLX3というコンデジだ。
このカメラ、高倍率ズームが主流の現在にあって、何と35ミリ換算で24〜60ミリと望遠域の無いレンズがセットされているところが気に入った。
恐らく、F2.0〜2.8と明るくしたため、このような設計になったのだろうが、個人的には十分な画角である。
また、従来の4:3や2:3といったアスペクト比に加え、静止画でハイビジョンサイズの16:9があるのも面白い。
写真は逆光の桜を16:9の60ミリマクロモードにて撮影。

e0139738_1804095.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/640 sec. F 4.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2009-04-02 18:31 | 日本 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 31日
原宿の陰と陽、東京
週末、久し振りに表参道を歩いていると、チベット亡命政府の旗を掲げたデモ隊に遭遇した。
今年は、1959年に中国政府が「チベット動乱」を制圧し、チベット地域の統治権を確立してから50年という節目の年だ。
今年はそれを記念して、中国政府が1月に「農奴解放記念日」を制定、その祝賀大会がチベット自治区の区都ラサで開かれていたのだ。
デモ隊は、恐らくそれに抗議するためデモを行っていたのだろう。
そう言えば一年前、チベット自治区で発生した暴動後に行われたデモは、参加者1500人という大規模なものだったが、この日は30人程しかおらず、その様子を見つめる人々の反応も冷ややかだった。
私はデモ隊が通り過ぎたばかりの交差点で、信号待ちをしながらビルの上の大きな広告を眺めていた。
西陽が照らし出す巨大なブランド広告、そしてその下の日陰を行くデモ隊の後ろ姿、それは「陰と陽」にも例えられるほど対照的な光景だった。

e0139738_2235178.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/1000 sec. F 4.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2009-03-31 11:16 | 日本 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 27日
二分咲き、東京
昨日、近所の桜を観に行ってきた。
花はところどころ開いているものもあったが、冷たい風にさらされた蕾はまだ固いままだ。

私には桜と聞いて必ず思い出す場所があった。
ミャンマーのシャン州にある高原の町、メイミョである。
メイミョはイギリス植民地時代に開拓された高原避暑地で、その名残かどうかはわからないが、西部劇に出て来そうな幌付きの四輪馬車が通りを行き交い、町には古い洋館や教会も多い。
私が訪れた一月は、ちょうど桜の花が見頃を迎えていて、高原の濃い青空をバックに山桜のような暗めの色調の花が咲き乱れる光景は、まるで桃源郷のようだった。

滞在三日目くらいの時、たまたま入った中華料理店で言葉が通じず困っていたら、同じく困っていた店員が急に何か思いついたような顔をして奥に入っていった。
暫くして店員が奥から人を連れて来ると、その人がいきなり「何が食べたい?」と流暢な日本語で話し掛けて来たものだから、私は思わずびっくりしてしまった。
まさか、こんな辺境の地で日本語が話せるとは思いも寄らなかったからだ。
聞けば、陳さんと名乗るその人は台湾人で、新宿の中華料理店で五年間働いていた事があり、この店は奥さんの実家なのだと言う。

偶然の出会い、人々の優しさ、おいしい食べ物。
私にとっては、そのどれもが旅のエッセンスとして欠かすことの出来ない大切なものである。
陳さんとの出会いも、そんな偶然が重なり合った結果なのだろう。
「今頃、陳さんはどうしているのだろうか?」
私はソメイヨシノの向こうに広がる青空を眺めながら、すでに薄らとした記憶でしかない陳さんの顔を必死に思い浮かべようとしていた。

e0139738_8511615.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/1000 sec. F 4.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2009-03-27 14:12 | 日本 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 29日
写真展「Peace Works」、横浜
NY在住のドキュメンタリー写真家、伊与田成美さんの写真展に行って来た。
彼女とは10年ほど前にバリ島で会って以来の素敵な仲間。
久し振りに会ったのだが、相変わらず光り輝いていた。
以前はモノクロだったけど、今回はデジタルのカラー作品。
NYのアジア系移民の生活を撮影したものだ。
もちろん写真も良かったのだけれど、一番の収穫は彼女と会えたこと。
これからも素晴らしい作品を撮り続けて欲しい。

写真展「Peace Works」のサイト
伊与田成美のギャラリーサイト
e0139738_2228134.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/50 sec. F 6.3 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2008-08-29 22:35 | 日本 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 25日
智積院、京都
緩やかなスロープの階段を降りて行くと、僧侶がゆっくりとこちらへ歩いて来た。

すれ違う寸前、お互いどちらからともなくお辞儀をし、そして何事も無かったようにまた歩き出す。

京都というところは、自分が日本人であることを改めて認識出来る場所なのである。

e0139738_10113328.jpg

Canon EOS 5D EF28-70mm F2.8L USM
1/60 sec. F 8.0 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2008-02-25 11:00 | 日本 | Trackback | Comments(0)