カテゴリ:インドネシア( 111 )

2016年 02月 02日
チャナンサリ、バリ島
さて、そろそろ下界へ戻る時が来たようです。
Terima kasih banyak untuk semua orang di Bali.
Selamat tinggal !

e0139738_13273266.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-02-02 13:38 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 01日
ジュンバタンとマスジッド、バリ島
先日、落ちた橋(ジュンバタン)を見に行った。
村から西へ抜けることが出来る唯一の道に架かった二つある橋のひとつで、この橋が無いと困る人も多いはずである。
壊れたのは5ヶ月前、通行中のトラックもろとも落ちたのだと言う。
今は通行できないと聞いていたのだが、行ってみたらすでに側道が設けられていて、バイクが次々に通り抜けて行った。

e0139738_13194247.jpg

それから、マスジッド(モスク)にも行ってみた。
ご存知だと思うが、バリ島はヒンドゥー教徒が多数を占めていて、通常田舎へ行くほどその比率は高くなる。逆にデンパサールやクルンクン、キャニャールなどの大きな町に行くと、イスラム教徒やキリスト教徒が結構多く住んでいて、マスジッドや教会を目にすることが多い。しかし、今滞在している村は、はっきり言って田舎である。にも関わらず、立派なマスジッドが二つもあり、さらに小さなマスジッドもあちこちにあるのだ。
理由は良くわからない。ただ、この辺りにムスリムが多いということだけは確かである。

e0139738_13201258.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-02-01 13:26 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 30日
雨の午後、バリ島
このところずっと雨季らしい天気が続いている。
昨日は夕方、そして今日は午後からずっと降りっぱなしだ。

e0139738_16582942.jpg

雨雲は、たいてい南からやって来て、北へと抜けて行く。
典型的な雨季の風向きである。

e0139738_16584472.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-01-30 17:22 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 29日
朝の山、バリ島
昨日、この村の友人が「もう21年経つんだなぁ」と感慨深そうに言った。
その年は、僕の母が亡くなり、彼は妻を亡くした。
だから、お互いに良く覚えているのだ。

そして、共通の友人がこの世を去ったのが6年前。
彼もまたこの村をこよなく愛する一人だった。

今、僕は彼がぞっこんだった景色を眺めている。
ここから眺める早朝のアグン山は殊の外美しい。
それを知ったのも、やはり21年前、この場所からである。

e0139738_10182647.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-01-29 10:19 | インドネシア | Trackback | Comments(2)
2016年 01月 28日
僕の部屋2、バリ島
朝が来た。

e0139738_14491630.jpg

聞こえるのは、鳥のさえずりとバイクの音。

e0139738_14493276.jpg

目の前には、美しい庭と素晴らしい風景。

e0139738_14495860.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-01-28 14:59 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 27日
僕の部屋、バリ島
ようやくここに戻ってきた。

e0139738_15145667.jpg

残念ながら、アグン山には笠雲がかかっているが・・・。

e0139738_1515829.jpg

僕にとっては本当にリラックス出来る場所なのだ。

e0139738_15152244.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-01-27 15:29 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 26日
変わらない風景、バリ島
僕はこの土地の素朴な人々と美しい風景に出会って以来、ずっとこの村へ通い続けている。
理由は、昔ながらのバリの風景がずっとそのままの姿で残っているからだ。

e0139738_1645189.jpg

写真は、マスジッド(モスク)の前で籾を干す農夫。
人々の生活は、ヴィラだらけになった今もまったく変わっていない。

e0139738_1651194.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-01-26 17:11 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 25日
満月の日、バリ島
ここ数日は毎日のように雨が降り、急に空が雨季らしくなってきた。
湿気を含んだ雲が常に空を覆い、またいつ降るかわからない不安定な状態。
やはりこれが雨季本来の姿であろう。

e0139738_1311685.jpg

昼過ぎ、村の最も下手にあるプラダレムへ行ってみると、お祈りにやって来た少女が、チャンディ・ブンタル(割れ門)のところにポツンと立っていた。しかし人はまだ少ない。

e0139738_13113983.jpg

一方、山の上ではオダラン(寺院祭礼)が行われていて、夕暮れ時には大勢の人々が寺院へ向かう。バリ島も満月の日は祭礼がとても多いのだ。

e0139738_13121012.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-01-25 14:09 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 22日
雨の日々、バリ島
昨日ようやく雨らしい雨が降った。
昼から夜にかけて何度も激しい雨が降り、ほとんど晴れ間の見えない1日だったのだ。
そして、今日の昼前にも激しく雨が降った。
相変わらず空は分厚い雲に覆われていて、雨季らしい天気である。

それはそうと、どうやらデング熱にかかったらしい。
最初は何となく頭痛から始まり、その後発熱。
そして熱とともに頭の中心と身体の節々がひどく痛むようになった。
恐らく、ウブドの定宿でネッタイシマカに刺された時、感染したのだろう。
普段からこういう事には無頓着だったが、これからは十分注意することにした。

e0139738_16245511.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-01-22 16:42 | インドネシア | Trackback | Comments(2)
2016年 01月 20日
雨のあとで、バリ島
昨日の午後、ようやく雨が降った。

e0139738_1033775.jpg

と言っても、降ったのは15分ほどで、お湿り程度のにわか雨である。

e0139738_10333162.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2016-01-20 10:45 | インドネシア | Trackback | Comments(0)