<   2010年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 31日
三羽のカルガモ、東京
社民党が連立政権から離脱、これで現政権は民主党と国民新党の二党体制になりました。

e0139738_123560.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF28mm F1.8 USM
1/640 sec. F 2.8 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2010-05-31 13:33 | 日本 | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 27日
修学旅行の季節、東京
三社祭の終わった浅草では、大勢の中国人観光客に混じり、修学旅行生の姿も目立つようになった。

e0139738_10512383.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF17-35mm F2.8L USM
1/640 sec. F 5.6 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2010-05-27 10:54 | 日本 | Trackback | Comments(4)
2010年 05月 25日
歯を磨きましょう、東京
「手を洗いましょう」「うがいをしましょう」

小学校の廊下なんかに手づくりのポスターがよく張ってあったけど、こういう標語って今もきっと変わらないんだろうね。

標語と言えば、欧州連合(EU)の標語「In varietate concordia(多様性における統一)」って、どこかで聞いた事あると思ったら、インドネシアの「Bhinneka Tunggal lka(多様性の中の統一)」とは、言語が違うだけでほぼ一緒。(汗)
ちなみに、日本はというと、残念ながら標語はありません。

e0139738_20262911.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF28mm F1.8 USM
1/200 sec. F 8.0 ISO 800
[PR]

by artisfoto | 2010-05-25 20:30 | 日本 | Trackback | Comments(4)
2010年 05月 24日
ひとりぼっち、東京
子供でも、大人でも、やはりひとりぼっちというのは寂しいものである。

e0139738_15582124.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF28mm F1.8 USM(PL)
1/1250 sec. F 5.6 ISO 640
[PR]

by artisfoto | 2010-05-24 16:16 | 日本 | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 21日
空港バスターミナル、バンコク
僕はいつも、スワンナプーム空港に到着すると、シャトルバスに乗ってバスターミナルへ向かう。
のんびり路線バスに揺られながら、過ぎ行く光景を眺めたり、街の匂いを感じたり、そうして宿に辿り着くまでの間に「またクルンテープにやって来たんだなぁ。」と実感するひとときが好きなのだ。

そう言えば、ソンクラーン前から続いていたUDDのデモがようやく終結した。
と言っても、解決したわけではないので、しばらくはまだ混乱が続くことだろう。

いったいいつになったら終わるのだろうか。
いったいいつになったら僕はここに立てるのだろうか。
少なくとも今のタイから明るい光は見えて来ない。

e0139738_1191273.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/100 sec. F 8.0 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2010-05-21 11:15 | タイ | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 18日
王宮の風景、プノンペン
16日よりカンボジアのシハモニ国王が来日している。
カンボジアの国王が来日するのはシハヌーク以来、実に57年振りのことだ。
今から57年前の1953年5月14日、日本訪問を終えたシハヌーク前国王がカンボジアに帰国、その日にシハモニ国王が誕生した。
しかしその後、べトナム戦争の影響で国内情勢が悪化、親子は苦難の道を歩むことになる。
現在、ノロドム・シハモニ57歳、ノロドム・シハヌーク87歳。
激動の時代を過ごした二人の歴代国王は、立憲君主制となった今もこの王宮内で静かに暮らしている。

e0139738_205633.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/50 sec. F 22 ISO 100
[PR]

by artisfoto | 2010-05-18 23:18 | カンボジア | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 17日
道端のアツミゲシ、東京
このアツミゲシもナガミヒナゲシ同様、地中海沿岸が原産の帰化植物である。
1964年に愛知県の渥美半島で初めて帰化が確認されたため、アツミゲシ(渥美罌粟)と名付けられた。
未熟果にアヘンアルカロイドを含むため、日本ではアヘン法により栽培が禁止されているが、アヘンを抽出するにはあまりにも小さく現実的ではないように思える。
とは言え、身近にこのような植物があるというのは、あまり気分の良いものではない。

e0139738_11272236.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF24-105mm F4L IS USM
1/100 sec. F 5.6 ISO 1600
[PR]

by artisfoto | 2010-05-17 12:17 | 日本 | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 15日
ヒナゲシ畑、東京
あんぱんに乗っているつぶつぶは、ゴマではなくこのヒナゲシの種ですね。

e0139738_2317619.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF135mm F2L USM
1/4000 sec. F 2.8 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2010-05-15 23:20 | 日本 | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 13日
雨の匂いとアオザイ女子高生、チャウドック
雨に匂いがあるのをご存知だろうか?

通常、雲は風上から風下へ移動するため、雨の匂いも風に乗ってやって来る。
だから、雨の匂いさえ知っていれば、突然のスコールにも遭わずに済むというわけだ。

メコンデルタのチャウドックに滞在していたとき、バインミーの屋台で屯していたアオザイ姿の女子高生たちが、背後に迫る雨雲から逃れるように立ち去って行くのを見て、僕も慌てて宿へ向かった。
歩いて30分ほどの道のりを20分で戻り、間一髪のところで部屋に逃れたまでは良かったが、雨はその後1時間以上降り続き、結局雨が止むまでその日の夕飯はお預けとなってしまった。

e0139738_9502845.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/160 sec. F 8.0 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2010-05-13 10:01 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 12日
君子蘭、東京
人目を引く派手な色調、くっきりとした花びらの輪郭、長く延びるおしべ。
どれをとっても、まるで熱帯に咲く花のような存在感だ。
日本へは明治時代に欧州より渡来し、その高貴な花のイメージから『君子蘭』と呼ばれるようになったが、蘭というのは名ばかりで、実は南アフリカ原産のユリ科の植物である。

e0139738_11192812.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF28mm F1.8 USM
1/1000 sec. F 5.6 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2010-05-12 12:20 | 日本 | Trackback | Comments(0)