<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2011年 04月 28日
祈り、サンティアゴ・デ・クーバ
1606年、遭難した3人の漁師が、漂っていた木片にしがみついて命拾いをした。
ところが、木片をよく見てみると、何とそれは聖母の像だった。
漁師達は、命を救ってくれた聖母像をコブレに祀ることにした。
それが『コブレの聖母寺』の由来である。

サンティアゴから西へ20キロほど行った山中の小高い丘の上に、キューバ人の聖地『コブレの聖母寺』はあった。
僕はここで、キューバの守護神『聖母カリダー』に会うため、遥々サンティアゴからカミオン(トラック)に揺られて来たのだ。

今回僕は、遥か遠いキューバの地で、日本が未曾有の災害に見舞われたことを知った。
途中、このまま旅を続けるべきかどうか悩んだりしたこともあったが、今はとにかくやるべきことはやっておこうと、自分に言い聞かせながらようやくここまで来たのだ。
だがその一方で、どこかやるせない気持ちになっていたことも事実であった。

その時、教会内は静寂と神聖な空気で満ち溢れていた。
祭壇の前では、各地からやって来た巡礼者たちが、薄暗い中蝋燭を灯し祈りを捧げている。
その様子を眺めていると、急に清々しい気分になっていった。

僕は聖母の前に座り、手を合わせて祈った。
ただひたすら祈ること、それが、このときの僕に出来る精一杯の行いだった。

e0139738_12231925.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM
1/80 sec. F 2.0 ISO 800
[PR]

by artisfoto | 2011-04-28 12:27 | キューバ | Trackback | Comments(4)
2011年 04月 27日
エル・コブレへの道、サンティアゴ・デ・クーバ
バスターミナルに着くと、歩道沿いの街路樹がピンク色の奇麗な花を咲かせていた。
「そろそろ日本の桜も咲き始める頃だろうか。」
そんな事を考えながら通りを渡ると、男が「コブレ!コブレ!」と叫んでいる。
エル・コブレ行きのカミオン(トラック)だった。

男に20ペソを渡し助手席に乗り込むと、物凄い大音量のキューバ音楽が聞こえてくる。
トラックはスクラップ同然の年代物だが、オーディオだけは最新のものが載せられていた。
やはりキューバ人にとって音楽は、毎日の食事と同じように無くてはならないものなのだろう。

やがて、トラックが走り出すと、大音量の音楽に負けないくらいのけたたましいエンジン音が鳴り響く。
さらに、頭上から聞こえてくるラッパのクラクション、そして、降車を知らせる電話のベルのような音。
通り過ぎて行くのどかな田舎の風景とは裏腹に、視点が定まらないくらいの激しい振動と騒音の中で、僕はただ耐える以外なかった。

e0139738_853384.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM
1/640 sec. F 8.0 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2011-04-27 10:40 | キューバ | Trackback | Comments(2)
2011年 04月 22日
着せ替え人形と星条旗、サンティアゴ・デ・クーバ
泊まったホテルは申し分のないロケーションであったが、隣の部屋のテレビがうるさかったり、タンクの水が切れて断水したりと、逆に不便を感じることが多く、結局またカサ・パルティクラル(民宿)に逆戻りする。

3件ほどあたってようやく見つけたカサは、少々部屋は狭いものの、敷地内にココヤシとグアバの樹が生え、その木陰に椅子やテーブルが並んでいるという、なかなか気持良さそうなカサだった。

夜、居間で奥さんが手招きをしているので行ってみると、テレビでプロ野球を観戦しているところだった。
奥さんの話によれば、地元サンティアゴのアヴィスパスというチームで、ご主人がコーチをしているのだと言う。
やがてベンチが映し出されると、小さな娘がテレビの前で指をさし「これだよ!」と教えてくれた。

翌朝、そのご主人がカサに戻ってきて、「お土産だよ。」と言いながら僕にコーラを差し出した。
小さな娘はというと、それまで遊んでいた人形を放り出し、まるで飼い犬のようにご主人の後を追いかけて行った。

e0139738_10254570.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM
1/60 sec. F 4.0 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2011-04-22 13:40 | キューバ | Trackback | Comments(4)
2011年 04月 20日
53年前の勇姿、サンティアゴ・デ・クーバ
窓いっぱいに貼られたシエラ・マエストラ攻防戦でのフィデルの勇姿。
1958年、フィデル・カストロは、ここで二ヶ月あまり続いた政府軍との戦いに勝利し、革命軍の優位を決定的なものとした。

その革命から50年余、ずっとキューバの政権を担ってきたフィデル・カストロが、とうとう4月19日付けで政界から完全に引退することが決まった。
カリスマ指導者の下でずっと反米と社会主義体制を貫いてきたキューバだが、そろそろ旧体制からの脱皮を図る時期が来ているのかも知れない。

e0139738_11473049.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM
1/500 sec. F 8.0 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2011-04-20 13:57 | キューバ | Trackback | Comments(4)
2011年 04月 19日
到着、サンティアゴ・デ・クーバ
右手にシエラ・マエストラ(マエストラ山脈)が見えてくると、だんだん雲行きが怪しくなり、やがて土砂降りの雨に変わった。
そう言えば、キューバに来てから雨らしい雨に遭っていないため、この時期は雨が降らないのだろうと勝手に思い込んでいたが、どうやらそうではないらしい。
峠をゆっくりと越えて、バスがハイウェイに差し掛かると、徐々に天候も回復し、それから間もなくしてキューバ第二の都市サンティアゴに到着した。

e0139738_121664.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/800 sec. F 4.0 ISO 80

バスターミナルを出ると、相変わらずカサ・パルティクラルと呼ばれる民宿の客引きが声を掛けて来る。
しかし、僕はハバナを出てからずっとカサ・パルティクラルを泊まり歩いてきたので、サンティアゴではホテルに泊まろうと決めていた。
客引きを断っていたところに自転車タクシーの運ちゃんがやって来て、町の中心部まで2ドルで行くと言うので乗ってみる。
ところが、サンティアゴという町は坂道ばかりで、その道を食事もままならないような体型の運ちゃんが力を振り絞りながら全力で漕いでいるものだから、さすがに不憫に思えてきた。
結局、最後は二人とも自転車を降り、ホテルまで歩いた上に1ドル多く払うことになってしまった。

e0139738_1204889.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/250 sec. F 2.8 ISO 160
[PR]

by artisfoto | 2011-04-19 14:17 | キューバ | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 18日
バスターミナルのカフェ、バヤモ
オルギンを出ると、次はバヤモに到着。
「カフェ!カフェー!」
ターミナルの建物の中から女性の声が聞こえてくるので覗いてみると、男達がカウンターで小さなカップを片手にくいっとコーヒーを飲み干している。
それを見て僕もたまらず注文。
深煎りのキューバ産の豆から抽出されたコーヒーは、広大なサトウキビ畑から穫れた砂糖がどっさりと入れられていた。

e0139738_11583083.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/30 sec. F 2.0 ISO 125
[PR]

by artisfoto | 2011-04-18 11:11 | キューバ | Trackback | Comments(4)
2011年 04月 16日
雨の後で、オルギン
バスはラストゥナスを通過して、やがてキューバ東部の町オルギンに到着。
直前に雨が通過したらしく、ところどころ地面が濡れていた。
もしかして雨期が近付いているのだろうか、それとも気候が違うのか、何れにせよトリニダーやカマグエイの乾いた空気とは全く違う、重く生暖かい空気が肌にまとわりついてくる。
僕は凍えそうなバスの車内から通りに出ると、思い切り深呼吸をした。
朝のオルギンは、南国の香りで一杯だった。

e0139738_11562521.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/800 sec. F 4.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-04-16 10:07 | キューバ | Trackback | Comments(4)
2011年 04月 15日
人気の屋台、カマグエイ
夕方、サグラドコラソン教会前の公園へ行ってみると、学校帰りの中学生が数人屋台のまわりに集まっていた。
屋台では、二人のお兄さんがフリトゥーラという揚げ物を次から次へと揚げている。
その様子をカメラに収めていると、お兄さんが何故かフリトゥーラをひとつ僕のところに持って来てくれた。
まわりはサクサク中はモチモチの、まるでタコの入っていない『たこ焼き』のような食べ物である。
僕が代金を払おうとしたら「写真を撮ってくれたから、そのお礼だよ。」と言って、さらにもうひとつくれた。
「やっぱり屋台の人は、どこへ行っても人情があるなぁ。」そう思いながら食べていると、ちょっぴり泣きそうになってしまった。

e0139738_10453776.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
1/400 sec. F 8.0 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2011-04-15 15:46 | キューバ | Trackback | Comments(2)
2011年 04月 14日
川面の花びら、東京
近所の川沿いに咲いていた桜は、もうすでに半分以上が散ってしまった。

e0139738_16583557.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF24-105mm F4L IS USM
1/6 sec. F 22 ISO 100
[PR]

by artisfoto | 2011-04-14 17:16 | 日本 | Trackback | Comments(4)
2011年 04月 13日
勝利するために、カマグエイ
町の中心となるトラバハドレス広場へ行ってみると、タクシーの運ちゃんが「チーノ!チーノ!(中国人)」と叫んでいた。
それを見ていた銀行の警備員が、眉をしかめながら首を横に振っている。
何かいい感じだ。
そう言えば、この町に来てから途端に居心地が良くなった。
やはり、すべては自分次第なのだと改めて痛感する。
空見上げると、ちょうどビルの上にチェ・ゲバラの肖像と彼の言葉が掲げられているのが見えた。

HASTA LA VICTORIA SIEMPRE(勝利するために)

革命の英雄チェ・ゲバラの精神は、キューバ国民の心の中で今も生き続けている。

e0139738_11305310.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
1/1250 sec. F 8.0 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2011-04-13 13:46 | キューバ | Trackback | Comments(6)