<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2011年 05月 31日
嵐のあとで、ハバナ
ホテルを出ようとすると、外は砂埃が舞うほどの強風が吹いていた。
上空は分厚い雲に覆われ、今にも降り出しそうだ。
とりあえず、早めの夕食は諦め部屋に戻ると、案の定ぱらぱらと雨が降ってきた。
やがて、突風が砂埃を舞い上げながら通り過ぎていく。
わずか数分の間に、向かいの屋上から給水タンクが落下、ホテル屋上の真新しいテントも飛ばされてしまった。
キューバ時間2011年3月10日17時00分、日本時間2011年3月11日7時00分のことだった。

e0139738_945957.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/160 sec. F 2.8 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-05-31 09:42 | キューバ | Trackback | Comments(4)
2011年 05月 26日
夕方の空と街、ハバナ
僕は荷物を部屋に置くと、すぐに街へ飛び出した。
暖かい空気。
壊れかけたビル群と、その中をのんびり歩く人々。
どこか懐かしいにおいもする。
それは、ハノイやヤンゴンの旧市街と同じような、古い街特有のにおいだった。

e0139738_18522884.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM
1/160 sec. F 8.0 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2011-05-26 19:16 | キューバ | Trackback | Comments(4)
2011年 05月 20日
初夏の紫蘭、東京
この控えめで可愛らしい姿が好きなのです。

e0139738_91981.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF135mm F2L USM
1/1250 sec. F 2.8 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2011-05-20 09:38 | 日本 | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 16日
三田の大公孫樹、東京
もう夏はすぐそこまで来ています。

e0139738_9203759.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF24-105mm F4L IS USM
1/160 sec. F 8.0 ISO 800
[PR]

by artisfoto | 2011-05-16 10:07 | 日本 | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 13日
タクシーは旧ソ連製、ハバナ
青とも緑ともつかない色の小型車を珍しそうに眺めていると、運転手のおじさんが「ラーダだよ。」と教えてくれた。
ラーダは、旧ソビエト連邦時代の1970年に操業を開始したヴォルガ自動車工場(VAZ=ヴァース)製自動車の国外向けブランドで、この車(LADA 2103)は、イタリアのフィアット124をライセンス生産したものである。

e0139738_18294143.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/500 sec. F 4.0 ISO 80

トランクに荷物を載せ後部座席に乗り込むと、車はハバナ市内へ向かって走り出した。
おじさんの運転技術はなかなかのもので、すいすいと車線を変えながら「ここは革命広場、こっちはハバナ大学だよ。」と観光ガイドまでしてくれる。
そして僕はというと、窓の外を流れるハバナの風景を食い入るように見つめていたのだった。

e0139738_9183786.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/400 sec. F 2.8 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-05-13 16:21 | キューバ | Trackback | Comments(4)
2011年 05月 11日
キューバ上空、ハバナ
雲の下から覗いたのは、紺碧の海に縁取られた赤茶色と緑の大地だった。
広大な畑に植わっているのは、恐らくサトウキビかタバコであろう。
高度が下がり、民家の色や形、そして通りを走る車なんかもはっきりと判るようになると、いよいよその先にハバナの町が見えてくる。
午後の強い陽射しが、眼下の野球場に散らばる赤いユニフォーム姿の選手たちをくっきりと浮かび上がらせていた。

e0139738_1831447.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/800 sec. F 4.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-05-11 20:25 | キューバ | Trackback | Comments(4)
2011年 05月 10日
キーズ上空、フロリダ
機内販売のローストビーフサンドを食べ、うとうとしていると、眼下にフロリダ半島が見えてくる。
半島の先には、全長290キロのフロリダ・キーズと呼ばれる珊瑚礁の列島が、南端のキーウェストまで延々と続いていた。
それを見て、いよいよキューバに近付いているのだと思った。

e0139738_912477.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/800 sec. F 4.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-05-10 10:48 | アメリカ | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 09日
夜明けの街、トロント
朝5時に起床、日本時間だと午後3時か。
我ながらよくこんな時間帯に眠れたものだと感心する。
まずはゆっくり風呂に浸かり、荷造りを済ませてから朝食を食べに行く。

アメリカの朝メシもまずいけど、カナダも相当まずかった。
メープルシロップをたっぷりかけたフレンチトーストとヨーグルト以外は食えたもんじゃない。
これなら、バンコクの安ホテルの方が五倍・・・、いや十倍マシであろう。

チェックアウトを済ませ、シャトルバスで空港へ向かう。
途中、信号待ちの交差点で、スキー場のように厚着をした人々が白い息を吐きながら無表情で通り過ぎて行くのを見て、とにかく一刻も早くこの寒さから抜け出したいと思った。

e0139738_137574.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/15 sec. F 2.5 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2011-05-09 14:13 | カナダ | Trackback | Comments(4)
2011年 05月 07日
夕暮れの街、トロント
空気は氷のように冷たく、息をする度に体温が失われていくような感覚だった。
奇麗に除雪された歩道を歩いて行くと、膝丈のフード付きコートに分厚い手袋、それにブーツといった完全装備の女性とすれ違う。
もはや僕の服装では5分が限界だった。

部屋に戻ると、早速バスタブに熱い湯を張り、風呂に浸かった。
そして、ベッドに寝転んだまま退屈なテレビを観ていたら、どうしようもなく眠くなってきて、そのまま食事も摂らずに寝てしまった。

e0139738_9501568.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/640 sec. F 4.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-05-07 10:26 | カナダ | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 06日
残雪、トロント
震災の3日前、僕はカナダのトロントに居た。
数日前に雪が降ったらしく、植え込みの松の木の下には、積もった雪が洗濯の泡のように残っていた。

e0139738_18365338.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/160 sec. F 2.8 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-05-06 21:21 | カナダ | Trackback | Comments(4)