<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2013年 05月 30日
チャム族の少女、チャウドック
舟に乗る前は一時間で充分と思っていたが、時計を見るとすでに40分が経過していた。
すかさず船頭が「チャム族の村へ行こう」と言う。
なるほど、始めから二時間の予定で舟を漕いでいたのだ。

二世紀から十九世紀まで、べトナムの南半分は『チャンパ王国』だった。
当時、東南アジア一帯はインド文化の影響を強く受け、言語や宗教だけでなく、文学、哲学、政治、建築、音楽など、ありとあらゆるものがインドから伝えられたが、チャンパ王国も例外ではなかった。
べトナムの中部から南部にあるレンガ造りのヒンドゥー教及び仏教遺跡は、すべてチャンパ王国時代に建てられたものである。
世界遺産のミーソン聖域やニャチャンのポーナガールなどが代表的だ。
ちなみに、サンスクリットでは『インドソケイ(プルメリア)の花』をチャンパカと言うが、チャンパ王国は、チャンパープラあるいはチャンパーナガラ、すなわち『インドソケイの国』という意味である。
そのチャンパの末裔がチャム族なのだ。

チャム族は十三世紀頃より、イスラム教を信仰するようになった。
なので、村には必ずマスジッド(モスク)があり、女性達はヒジャブを着用している。

e0139738_9353463.jpg

村の入口には民芸品を売る店があり、さながら観光地のようであった。
間もなく、盥(たらい)を持った少女二人がやって来て、ワッフルのような菓子を取り出し、ひとつ1ドルで買ってくれと言う。
僕は機織りの様子なんかを見学しながら、適当にあしらっていたのだが、これがなかなか辛抱強く食い下がってくるのだ。
やがて、フランス人の団体がやって来たので指さすと「あの人たちは買わないよ」と言う。
僕は、少女の見切ったようなその態度が妙に気になった。
いったい誰なら買ってくれると言うのだろうか?
かわいそうだが、僕だって無駄な買い物はしたくない、かと言って、何も買わずに出て行くのも心苦しい。
そこで売店へ行き、数珠風のブレスレットをひとつ買って帰ることにした。

e0139738_9354940.jpg

Canon EOS 5D EF70-200mm F4L IS USM
[PR]

by artisfoto | 2013-05-30 19:00 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 27日
王様の薔薇、東京
近所の公園で、キングローズ(王様の薔薇)という品種のバラが満開になっていた。

e0139738_18551613.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2013-05-27 14:30 | 日本 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 26日
どくだみの白い花、東京
どくだみは、強烈な臭気を持つことから、英語で fish herb(魚のハーブ)、べトナムでは rau giấp cá(魚のような野菜)と呼ばれている。

e0139738_1195160.jpg

どくだみの白い花が咲き始めると、もうすぐ雨期の到来だ。

e0139738_11111355.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2013-05-26 12:08 | 日本 | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 24日
逢いたくて、チャウドック
水上家屋が密集するエリアへ船が入って行く。

e0139738_1913876.jpg

二人の少女が何やら必死に船を漕いでいたので、どこへ向かっているのだろう?と思い様子を見ていると・・・。

e0139738_19132819.jpg

なんと、辿り着いた家の中から双子が出て来たのだった。

e0139738_19131736.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
[PR]

by artisfoto | 2013-05-24 16:03 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 23日
渡し船と美人船頭、チャウドック
学校の前を通り過ぎ、にぎやかな界隈にさしかかったところで、左手に小さな船着き場のようなものが見えた。
「あそこまでどうやって行くんだろう?」
そう思いながら眺めていると、遠くで男が手招きをしている。
良く見れば、竹の柱に細長い板を渡しただけの簡素な橋が、高床の建物の横から20メートルほど先まで続いていた。
よくしなる板の上を慎重に歩いていき、頑丈なコンクリートの船着き場に降り立つと、先ほどの男がやって来て、いきなり「船に乗らないか?」と言う。

e0139738_10463234.jpg

渡し船は頻繁に対岸を行き来していた。
エンジン付き、あるいは手漕ぎの船である。
道路が川に没しているのは、かつてフェリーが行き来していたからであろう。
橋が完成したため不要になったのだ。
ところが、男が乗れと言うのは、渡し船のことではなかった。
何でも、船をチャーターすれば、水上の村などを案内してくれるのだと言う。
しかし、雨に降られたら今度こそ逃げ場はない。
そう思って断っていたのだが、天気はみるみる回復して、とうとう雲の合間から太陽が顔を覗かせた。
仕方なく船に乗ることにして、待つこと数分、現れたのは笑顔が素敵な美人の船頭だった。

e0139738_1047015.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
[PR]

by artisfoto | 2013-05-23 14:13 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 22日
橋の袂の建築現場、チャウドック
橋の袂にある建築現場で、僕は雨宿りをしていた。
慌てて駆け込んだところが、カラオケ店の建築現場だったのだ。
やがて、作業員が次々と集まってきて、その中の棟梁らしい男と若者が僕に話し掛けてきた。
立ったまま話をしていると、今度は誰かが段ボールを持って来て、ここに座れと言う。
皆とても親切だった。
しかし、このまま彼らの親切に溺れているわけにはいかなかった。
なぜなら、僕は単なる通りすがりの旅行者で、ここは彼らの仕事場なのだ。
幸い雨はほとんど止んでいる。
僕はタイミングを見計らい、礼を言うとその場を立ち去った。

e0139738_2232452.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
[PR]

by artisfoto | 2013-05-22 22:52 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 21日
ヴーヴ・エレオノール、東京
何故かシャンパンメーカーの名称には『ヴーヴ(未亡人)』と付くものが多い。
理由はともかく、このヴーヴ・エレオノールもそうである。

オジェのグラン・クリュ(特級畑)で、リュット・レゾネ(減農薬栽培)によるシャルドネを100%使用したブラン・ド・ブランだ。
クリスピーな泡は持続性があり、グレープ・フルーツのような苦みがやや強いものの、シャルドネ特有の林檎と蜂蜜の味わいと、そこに酸やミネラルが加わって、心地良い余韻へとつながっていく。
これは美味しい。

e0139738_131405.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2013-05-21 14:48 | 日本 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 17日
朝のアオザイ女子高生、チャウドック
2008年12月30日。
僕は宿のシャッターが開くのを見計らい、朝5時に部屋を出た。
近道をするため市場の中を歩いて行くと、暗闇の中で人が蠢いている。いったい何をしているのだろうか?
店を開けようとしているのか、地べたで眠っているのか判らないが、とにかくかなりの人が居るみたいなのだ。
足早に通過して川沿いの道に出ると、今度は人っ子一人居ない。と言っても街灯のある場所に出られたことで内心ホッとしていた。
間もなくして橋に到着。青みを帯びた空が、次第に明るくなっていく。
しばらくの間、僕は橋の上でアオザイ姿の女子高生が通学する様子などを撮影していた。
すると、いつの間にか分厚い雲が近付いてきて、ポツポツと雨が落ちて来る。
僕は急いで橋の袂へ向かった。

e0139738_2045618.jpg

Canon EOS 5D EF70-200mm F4L IS USM
[PR]

by artisfoto | 2013-05-17 23:03 | ベトナム | Trackback | Comments(4)
2013年 05月 16日
大花百日紅とバサック川、チャウドック
メコン川はベトナム領に入ると左と右、前江(ティエンザン)と後江(ハウザン)に分かれる。
そこから下流が、いわゆるメコンデルタと呼ばれる地域だ。
左へ流れた前江は、ヴィンロンでさらにデルタ状に広がっていき、右へ流れた後江は、ロンスエンの手前でバサック川と合流、川幅を増しながらカントーから南シナ海へ注いでいる。

e0139738_1256135.jpg

チャウドックの町は、そんなメコンデルタのデルタ部分から少し外れた場所にあった。
しかし、目の前を流れるバサック川は、カンボジアのプノンペンでメコン川から分かれ出た支流であり、広義に解釈すればメコンデルタと言えなくもない、むしろそんな微妙な位置関係が、この町の雰囲気を独特なものにしているのだろう。
訪れる旅行者にしても、そのほとんどがサイゴンの旅行代理店が主催するツアーの団体客か、プノンペンからやって来た者、あるいはプノンペンへ向かう者たちが中継地として立ち寄るだけで、僕のような、ここが最終目的地という旅行者は珍しかった。

e0139738_12561021.jpg

RICOH GXR GR LENS A12 28mm F2.5
[PR]

by artisfoto | 2013-05-16 15:15 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 09日
中華料理とマム・カー、チャウドック
フッサンで乗り込んだミニバスは、席に余裕がありすこぶる快適だったが、反面なかなか目的地に辿り着かなかった。
というのも、べトナムのミニバスは、乗客だけでなくルート上であればあらゆる荷物を運ぶ、いわゆる宅配業者の役割も担っていて、席に余裕が出ればそのぶん荷物も多くなり、停車する回数が増えてしまうのだ。
正午を過ぎて、ようやくチャウドックのバスターミナルに到着。
バイクタクシーで街中に入ると、多少賑やかさを感じるようになったものの、三年前とくらべて特に大きな変化は見られなかった。
市場の前で降ろしてもらい、まずは近場で宿探し。
目の前のホテルはやばそうなので、少し先の小奇麗なホテルから当たってみることにする。
中に入ると、すぐにフロントの男性が「日本人ですか?」と聞いて来た。
なかなか雰囲気の良いホテルだったが、残念ながら今夜一泊分の部屋しか用意出来ないと言う。
仕方がないので、先ほどのやばそうなホテルに戻り、一人部屋を見せてもらった。
すると、四畳半ほどの部屋に小さなベッドがひとつ、小さいと言っても、そのベッドが部屋を占有していて、床には荷物がやっと置ける程度のスペースしか残っていない、そのうえ汚いという極めつけの部屋だった。
すぐに向かいのホテルへ入ってみたが、やはり良さそうな宿はだいたい満室らしい。
ロビーで途方に暮れていると、フロントの男性が別のホテルを紹介してくれた。
新築の奇麗な部屋で、値段も言い値ではあったが特別高くもなく、ここに泊まることにする。

e0139738_1056427.jpg

とりあえず腹が減ったので、三年前に行ったことのあるレストランで豆腐のうま煮を注文。
チャウドックは中国系住民が多いため、中華料理を謳っている店が何軒もある。
ここもそんな店のひとつだった。
食後に市場を歩くと、相変わらずマム・カーを売る店がずらりと並んでいた。
マム・カーとは、チャウドックの名物で、魚を瓶などに漬け込み発酵させたものだ。
発酵した魚だからかなり臭いのかと思いきや、実際には漬け物のような発酵臭がするだけで、日本人にとってはむしろ馴染み深いものである。

e0139738_10564964.jpg

RICOH GXR GR LENS A12 28mm F2.5
[PR]

by artisfoto | 2013-05-09 17:11 | ベトナム | Trackback | Comments(0)