<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2015年 01月 30日
ナシゴレンとテボトル、バリ島
このワルンには、もうかれこれ15年以上通っている。
理由は、味付けが好みである事、そして味にぶれが無い事、さらに炒め技が効いている事だ。
炒め技と言えば炒飯、炒飯と言えばナシゴレンである。

良く火が通ったパラパラのご飯は、サンバル(唐辛子)ソースにより赤みを帯びている。
具は刻んだキャベツのみ。
そこに胡瓜と目玉焼きが乗せられている。
極めてシンプルだが、これが実に旨い。
ナシゴレン特有の香りも食欲をそそる。

e0139738_953532.jpg

そして、ナシゴレンのお供と言えばテ(紅茶)、テと言えばテボトルである。
と言いたいところだが、やはり食中に甘い物を飲むというのは、いささか抵抗がある。

e0139738_95442.jpg

ワルン・エカワティにて

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2015-01-30 11:32 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 28日
ナシアヤム、バリ島
好きなものを好きな時に好きなだけ食べられるのが、一人旅の良いところ。
食欲旺盛だった頃の僕は、そう信じて疑わなかった。
しかし、食事の時に相手が居ると居ないとでは、ガラッと印象が変わってしまう。
もちろん、真剣に味わうという意味では、一人の方が集中出来るのかも知れないが、食事中に会話をしたり、お酒を飲むといった行為そのものが、食べ物を味わう上でとても重要なのだと、ようやく最近になって気付いたのだ。

e0139738_1332561.jpg

さて、今回食べたのは、ご飯の上に鶏のおかずを乗せたナシアヤム(鶏飯)である。
場所はクデワタンのマランティン寺院向かいにあるナシアヤム専門のワルン(食堂)だ。
ワルンと言っても、レストラン並みの立派な店構えで、繁盛のほどがうかがえる。
見渡したところ、店内に観光客の姿は無く、座っているのは地元のカップルや家族連れ、あるいは現地観光ガイドや運転手といったところだ。
気がつけば、僕はこの店で唯一の観光客、そして唯一の一人飯になっていた。

e0139738_13305149.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2015-01-28 15:56 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 27日
儀式の後で、バリ島
赤ん坊は髪の毛を切られ、頭からティルタ(聖水)をザブザブとかけられていたが、それでも全く泣く気配は無かった。
さすが、アガマ・ティルタ(聖水の宗教)の子である。

e0139738_11282687.jpg

儀式が終わり暫くすると、何故か友人がテニスウェア姿で現れた。
近くにテニスコートがあるので、一緒にテニスをしようと言う。
辺りはすでに薄暗く、どんな場所か不安だったが、行ってみるとナイター設備のある立派なコートだった。
熟女のグループに混ぜてもらい、30分ほど遊んでから家に戻る。
そして「そろそろ帰る」と言ったら、友人の娘が食べきれないほどの菓子や果物を袋に詰めてくれた。

e0139738_11331129.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2015-01-27 11:33 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 20日
ビルの外壁、東京
墨田区にて。

e0139738_926241.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2015-01-20 09:35 | 日本 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 16日
人生初の儀式、バリ島
バリのヒンドゥー教徒は、一生の間に何度も通過儀礼を行う。
その最初の儀礼がオトンである。
オトンは、ウク歴で最初の誕生日、つまり生後210日目(ウク歴の一年は210日)に行われる儀式で、赤ん坊は浄化儀礼を済ませると、生まれて初めて大地に足をつける事が出来る。

e0139738_10383017.jpg

バリ・ヒンドゥーでは、赤ん坊の魂は神に近い存在であり、人の魂に変化するまで一年を要すると考えられている。
つまり、赤ん坊は人ではなく神様なのだ。
通常、バリ人の通過儀礼は妊娠6ヶ月から始まり、オトンまでに6回の儀礼が行われるが、人として迎えられるのは、あくまでもこのオトンが済んでからだ。
そういう意味で、オトンは人生初の儀式なのである。

e0139738_10384513.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2015-01-16 12:20 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 15日
ソトアヤムと孫娘、バリ島
儀式の日、友人にラワールを食べに来いと言われていた僕は、早朝からメールを待っていた。
外はまだ暗く、寒い。
南国のバリ島で寒いなんて!と、思う人も居るかも知れないが、乾期のウブドは本当に寒いのだ。
前の晩に降った雨の影響か、この日の朝は特に冷え込んで、このままずっとブランケットに包まっていたいと思うほどであった。
やがて、グデからメールが届き、午後3時に来れば皆に会えると言う。
願いは通じるものである。

午前8時、テラスに出てみると、雲ひとつない快晴だった。
遠くには、バトゥカウ山がはっきりと見える。
とりあえず、このところ日課になっていた市場のコーヒー屋の、いつもの娘が淹れたドリップコーヒーを飲む。
その後、ジャワ料理店のワルン・イジョへ行き、ソト・アヤムを食べた。

e0139738_1245122.jpg

午後、バイクでギャニャールの友人宅へ向かう。
友人と会うのは本当に久しぶりで、彼の孫と対面するのはこの時が初めてだった。

e0139738_1254435.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2015-01-15 13:01 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 13日
新春の海、千葉
海岸の馬尾藻(ホンダワラ)。

e0139738_111473.jpg

越冬に来た姫鵜(ヒメウ)の群れ。

e0139738_1114159.jpg

夕暮れ時の富士山。

e0139738_1114252.jpg

今年もよろしくお願い致します。

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2015-01-13 11:28 | 日本 | Trackback | Comments(0)