タグ:料理・酒・グルメ ( 90 ) タグの人気記事

2011年 10月 10日
秋の初荷、東京
収穫の秋、食欲の秋、と来たら、いよいよこちらの出番です。

e0139738_18232426.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.4 USM
[PR]

by artisfoto | 2011-10-10 18:38 | 日本 | Trackback | Comments(4)
2011年 10月 05日
寧夏観光夜市、台北
台北最後の夜は、寧夏路にある寧夏観光夜市へ。

おでんは、併合時代の名残で関東煮と呼ばれている。

e0139738_9233867.jpg

僕が苦手な内蔵系も多い。

e0139738_9235195.jpg

まさに、台湾の食文化ここにあり、といった風情。

e0139738_924612.jpg

欲張らずに、うなぎは小にしておくべきだった。

Panasonic DMC-LX3
[PR]

by artisfoto | 2011-10-05 10:12 | 台湾 | Trackback | Comments(4)
2011年 10月 03日
うな重@肥前屋、台北
店の前には、すでに20メートルほどの行列が出来ていたが、最後尾で並んでいると女性従業員がやって来て、一人だと言ったらすぐに席へ案内してくれた。
店内はいわゆる老舗の日本料理店といった雰囲気で、もともとは在台邦人のために始めたのだろうが、見渡したところ日本人客は僕一人のようだ。
せっかくなので、僕はうな重の大を注文。
出て来たのはすごいボリュームのうな重だった。
早速いただくと、うなぎはふっくらと柔らかく、程よく脂が乗っている。
焼き加減も香ばしく仕上がっており、タレの味も申しぶんなかった。
もちろん、生臭さなどこれっぽっちもなく、まさに絶品のうな重である。

e0139738_18352576.jpg

Panasonic DMC-LX3
[PR]

by artisfoto | 2011-10-03 19:47 | 台湾 | Trackback | Comments(4)
2011年 09月 26日
ビールと担仔麺、台北
台北に戻ると、小雨がぱらついていた。
夕食は、頂好の度小月担仔麺でビールと担仔麺を注文。
やはり、汗をかいた後のビールは格別である。

e0139738_14224814.jpg

締めの担仔麺はアヒルの煮卵をトッピング。
もちろん香菜入りで。

e0139738_1423521.jpg

Panasonic DMC-LX3
[PR]

by artisfoto | 2011-09-26 14:58 | 台湾 | Trackback | Comments(2)
2011年 09月 07日
芒果冰、台北
台北に来たら絶対に外せないもの。
それは、鼎泰豊の小龍包と冰館の芒果冰(マンゴーかき氷)である。

僕はいつも、だいたい午前11時頃永康街に到着し、まずは鼎泰豊であつあつの肉汁をすすりながら小龍包をいただく。
そして、店を出たらそのまま冰館(現在は永康15)へ移動、そこでさらに特盛りの芒果冰をペロリと平らげる。
僕にとってこのはしごは、台北滞在のメインイベントなのだ。

e0139738_1546454.jpg


Panasonic DMC-LX3
[PR]

by artisfoto | 2011-09-07 15:58 | 台湾 | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 18日
醤油炒飯、北京
一人で中国を回っていて、最も楽しみで、尚かつ最も悩ましいのが食事の時間である。

e0139738_19585173.jpg

銀龍酒家にて

Panasonic DMC-LX3
1/100 sec. F 2.7 ISO 125
[PR]

by artisfoto | 2011-02-18 20:38 | 中国 | Trackback | Comments(4)
2010年 12月 24日
聖夜の選択、東京
クリスマスは、イエス・キリストの生誕を祝うキリスト教の祭日である。
しかし、キリスト教徒の少ない日本では、『子供たちがサンタクロースからプレゼントを貰う』、『家族でパーティをする』、『恋人と過ごす』、といったいわゆる『イベントの日』としてすっかり定着している。

僕が子供の頃には、景気付けに「ポ〜ン!」とシャンパンもどきを開けたり、クラッカーを鳴らしたりしていたけど、『昭和の頑固じじい』を地でいく祖父の目を気にしてか、盛り上がることはほとんど無く、クリスマスは単なる『プレゼントとケーキの日』と化してしまった。

そんな祖父が、実は浅草界隈では、ちょっとは知られる遊び人だったという。
僕が知っているのは、晩年の『酒飲み頑固じじい』だけど、僕の父はもう80を超えているのに、今でも毎晩のように飲み歩いているし、僕は僕で、「今日のシャンパンはどれにしよう」などと言っているのだから、やはり血筋なんでしょうな。

e0139738_1044244.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM
1/125 sec. F 4.0 ISO 800
[PR]

by artisfoto | 2010-12-24 13:03 | 日本 | Trackback | Comments(6)
2010年 11月 05日
秋刀魚のから揚げ、台北
近所の商店街にも『秋刀魚のから揚げ』売ってたらいいのに。

e0139738_12122440.jpg

台北市内の夜市にて

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/50 sec. F 4.5 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2010-11-05 12:24 | 台湾 | Trackback | Comments(8)
2010年 10月 15日
べトナムランチ、東京
今日はcumi-cumiさんと、べトナムランチをいただきながらのプチオフ会。
久々にアジアと写真の話で盛り上がりました。

e0139738_21385298.jpg

e0139738_2140640.jpg

ちなみにこの料理は、ブン・ボー・ナン・ボーと言います。

Panasonic DMC-LX3
1/25 sec. F 2.8 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2010-10-15 21:34 | 日本 | Trackback | Comments(4)
2010年 03月 22日
黄色シャツの屋台と香港炒麺、バンコク
ソイ・テキサスの入口から、ほんの少し歩いたところに『黄色シャツの屋台』がある。
僕はこの店を初めて見たとき、店主の個性的な風貌に惹かれ思わず席についてしまったのだが、そのとき以来、この屋台には何度も足を運んでいる。

e0139738_17514662.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/80 sec. F 4.0 ISO 800

ここでは『黄色シャツの屋台』などと呼んではいるが、じつのところその呼び方が適正なのかどうか僕には判らない。
というのも、その日は店主がたまたま黄色のシャツを着ていただけかも知れないし、それこそ『アピシット派』かも知れない。
あるいは、その日がプミポン国王の誕生した月曜日ということで、単に黄色いシャツを着る日だったなんてことも考えられるわけだが、それはともかく、ここのシンプルで香ばしい香港炒麺が美味であることだけは間違いなかった。

ある日、ここで炒麺を食べていると、隣の席に座っていた熟女二人組が、僕と同じ炒麺を注文し、さらにご飯を追加していた。
どうするのかと思いきや、何と、炒麺をおかずに白いご飯を食べている。
タイにも『焼きそばライス』があったのだ。(汗)

e0139738_17515959.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/15 sec. F 4.0 ISO 800
[PR]

by artisfoto | 2010-03-22 19:04 | タイ | Trackback | Comments(6)