2010年 04月 22日
道端に咲くナガミヒナゲシ、東京
ナガミヒナゲシは、主に地中海沿岸から中欧にかけて分布する植物だが、何故か春になると道端に多く出現する。
僕はケシの類を見ると、真っ先にゴールデントライアングルを思い浮かべてしまうのだが、ミャンマーやラオスはともかくとして、撲滅キャンペーンを行ったタイでも、最近またケシを栽培する農家が増えつつあると言う。
そう言えば、中国で人気の高かった酒井法子が昨年逮捕された時、CCTV(中国中央テレビ)はトップニュース扱いだったし、つい先日も日本人の死刑が執行されたり、今や、中国を始め、麻薬はタイやべトナムでも深刻な社会問題となっている。
ナガミヒナゲシがあちこちに蔓延しても害は無いが、麻薬は決して蔓延させてはならない。

e0139738_12302488.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF17-35mm F2.8L USM
1/400 sec. F 5.6 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2010-04-22 12:31 | 日本


<< グラビアページ、東京      紅花常盤満作の花、東京 >>