カテゴリ:キューバ( 109 )

2012年 03月 22日
キューバ旅の軌跡その8 スパゲッティ、トリニダー
開拓時代を彷彿とさせるトリニダーの荒々しい石畳の道は、河原の石をそのまま敷き詰めたようで、ものすごく歩きづらかった。
僕は、転ばないよう注意しながらレストランまで歩いて行き、店に入るとスパゲッティ・アマトリチャーナを注文。
キューバのスパゲッティは恐ろしく不味いと聞いていたが、さすがにこの店はイタリアンを謳うだけのことはあり、なかなかの美味だった。

e0139738_11543682.jpg

Panasonic DMC-LX3

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-22 12:43 | キューバ | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 21日
キューバ旅の軌跡その7 朝食、シエンフエゴス
宿の朝食は、けっこうボリュームがあって美味しかった。
シルクのテーブルクロスの上に並んでいるのは、ハムとチーズがたっぷり挟まったサンドウィッチに、盛りだくさんのフルーツ、そしてオムレツ。
それから、定番のグアバジュースとキューバコーヒー。
さすがに、一人では食べきれないので、左の皿のパンは残す事にした。

e0139738_014762.jpg

Panasonic DMC-LX3

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-21 00:48 | キューバ | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 19日
キューバ旅の軌跡その6 カサ・パルティクラル、シエンフエゴス
シエンフエゴスに到着すると、バスは1869年創業のラ・ウニオンというホテルの前に停まる。
車掌のカルロスさんが、この町にホテルはこの一軒だけだと言うので、フロントに行き値段を聞いてみると、一泊70ドルと思いのほか安かった。
コロニアルスタイルの素敵なホテルで、泊まってみたい気もしたが、いきなり決める事も無かろうと思い直し、カサ・パルティクラルを紹介するというおばちゃんに付いて行く事にする。

e0139738_11383499.jpg

カサ・パルティクラルとは、政府が認可した個人宅の部屋を間借りする事が出来るいわゆる民宿のようなもので、個人が行える数少ない商売のひとつ。
値段は一泊20〜35ドルが相場で、家も大小様々であるため、自分の好みに合った部屋を選べるのが良い。

Panasonic DMC-LX3

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-19 12:30 | キューバ | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 18日
キューバ旅の軌跡その5、ハバナ〜シエンフエゴス
バスは、途中ドライブインのようなところに立ち寄ったが、気が滅入って食事をする気にもなれない。
仕方なく建家の裏へ行ってみると、古いアメ車がさりげなく停まっていた。
1956年製フォード・フェアレーン・タウン・セダン。

e0139738_1256843.jpg

通りには、のんびりとヒッチハイクの車を待つ人たち。

e0139738_12562247.jpg

車窓から見える広大なサトウキビ畑。
そんな光景を眺めていたら、だんだんと気分が落ち着いて来た。

e0139738_12564030.jpg

Panasonic DMC-LX3

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-18 13:36 | キューバ | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 17日
キューバ旅の軌跡その4、ハバナ
2011年3月11日
バスに乗り込むと、この中で自分だけが不幸のどん底に居るような気がした。
とにかく、何を見ても楽しくない。

e0139738_2342722.jpg

こんな光景も。

e0139738_23422847.jpg

こんな風景も。

e0139738_23424497.jpg

テレビで観た津波の映像が頭から離れなかったのだ。

Panasonic DMC-LX3

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-17 00:33 | キューバ | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 16日
キューバ旅の軌跡その3 ベロマール、ハバナ
キューバにはパラダールという政府の認可を受けた個人経営の店があり、レストランよりリーズナブルな価格で旅行者に食事を提供しているという。
そういうことならと、ホテルのマネージャーに紹介してもらい、近くのベロマールという店に行ってみた。

e0139738_8444766.jpg

フライド・スナッパー、塩辛い・・・。

e0139738_845974.jpg

豆の炊き込みご飯コングリ、これはいける!

e0139738_8452158.jpg

それにしても、この照明はひどすぎる。
食事は五感で楽しむものなんだから。

Panasonic DMC-LX3

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-16 09:21 | キューバ | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 15日
キューバ旅の軌跡その2 UFOとカピトリオ、ハバナ
2011年3月10日
ハバナでは、7時半を回った頃にようやく日の出を迎える。
夜更かしする人が多いのは、朝が遅いからと勝手に思っていたが、朝は朝でけっこう人が歩いていた。

e0139738_118542.jpg

下は写真上の部分拡大画像。
撮影した時は気付かなかったが、カピトリオのドーム左上空にUFOらしきものが写っている。

e0139738_1181685.jpg

Panasonic DMC-LX3

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-15 11:42 | キューバ | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 13日
キューバ旅の軌跡その1、ハバナ
2011年3月9日
成田からカナダのトロントを経由して、ようやくキューバに到着。
極寒の地からやって来たせいか、湿気を含んだカリブの風がとても優しく感じられた。

e0139738_100982.jpg

ハバナ・ホセ・マルティ国際空港にて。

Panasonic DMC-LX3

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-13 10:40 | キューバ | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 11日
ともしび、サンティアゴ・デ・クーバ
2011年3月11日、僕はハバナに居た。
CNNの映像を見たときの、あのとてつもない喪失感は、生涯忘れることはないだろう。
そして、コブレの聖母寺で祈ったことも。

PRAY for JAPAN 3.11

e0139738_9595888.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM
[PR]

by artisfoto | 2012-03-11 10:34 | キューバ | Trackback | Comments(2)
2011年 07月 26日
ガルシア・ロルカの夕暮れ、ハバナ
背後に夕闇が迫る頃、僕はハバナ中心部のパルケ・セントラル(セントラル公園)で、ぼんやり西の空を見上げていた。
目の前にそびえるガルシア・ロルカ劇場の巨大なシルエットが、これからハバナの街を飲み込んでいく闇の主のようにも思えてくる。
しかし、その闇が深ければ深いほど、長ければ長いほど、人は想像力をかき立てられてしまう。
そして、旅人を夢と現実の間に追いやってしまうのだ。

今回のキューバは、色々な意味で忘れられない旅になった。
いや、忘れられないどころか、僕の心の一部は今もキューバにあるような気がしてならない。
そして、心の旅は今も続いている。

Chao!
e0139738_15353385.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM
1/500 sec. F 4.5 ISO 800
[PR]

by artisfoto | 2011-07-26 15:36 | キューバ | Trackback | Comments(6)